• ホーム
  • 性病に感染した疑いがある場合は泌尿器科へGO!

性病に感染した疑いがある場合は泌尿器科へGO!

性病に感染した疑いがある場合は、ただちに対策をとらなければなりません。そのまま放置してしまうと治療に時間がかかるだけではなく、症状が悪化してしまったり重症化を引き起こしてしまったりする可能性があるのです。そういった事態を避けるためにも、性感染症かもしれないという疑いがあるときは、病院に行ったり検査を行ったりしなければならないでしょう。検査方法や行くべき病院は症状や性別によっても異なるので、注意しておいてください。

性病かもしれないと思ったときは、まず検査を行って本当に病気であるかどうか、どのような病気であるかといったことをチェックしなければならないでしょう。検査方法は検査キットを注文して自宅で行うこともできますが、血液検査が必要な場合は病院で行わなければなりません。病院で検査を行う場合は、主に泌尿器科や産婦人科、性病科に行くことになるでしょう。男性であれば泌尿器科や性病科に行く必要があり、女性の場合は基本的に3つのうちのどの病院でも良いですが、産婦人科や性病科にかかるケースが多いと言えます。皮膚に症状がある場合は皮膚科、目に感染した場合は眼科、咽に感染した場合は耳鼻咽喉科などが利用できるでしょう。

性感染症の検査を行うにあたって、費用や保険が適用されるかどうかが気になる人は多いものです。費用に関しては病気の種類や選択した病院で異なるため、一概にこの料金だということはできません。クラミジアなどの病気であれば、およそ3,000円前後で検査してもらうことができるでしょう。保険はすでに症状が出ているのであれば適用され、まだ症状は出ていないが検査したいという場合は適用されないことが多いです。自宅で検査キットを使用する際も検査に保険を適用することはできません。

性病に感染したかもしれないという疑いがあるのであれば、まずは泌尿器科の受診をおすすめします。泌尿器科は男女ともに受診が可能なので、パートナーも検査が必要となったときに同じ病院を受診することができるので、便利だと感じるでしょう。血液検査が必要な場合は病院のみで検査することになりますし、自分で検体を採取することに不安があるのであれば確実なチェックを行ってもらうために医療機関を利用することが良いと言えます。性感染症の疑いで医療機関を受診することを恥ずかしいと思ってしまう人は少なくありませんが、早期発見や早期治療のためにも受診することがおすすめです。