• ホーム
  • 海外の風俗は性病にまみれている?旅行先での遊びに注意!

海外の風俗は性病にまみれている?旅行先での遊びに注意!

特に男性だけで海外旅行に行く場合、日本以外の女性と性行為を行うことを楽しみとしていることも少なくありません。日本女性とは違った見た目や性格の人たちと性交渉を行うことができるため、楽しみだという人は非常に多いです。外国の性風俗に行くことになったら、料金を騙しとられるのではないかという不安を持つ人が非常に多いですが、心配するべき点はそれだけではありません。料金の心配よりも、性病にかかってしまわないかという点に注意しておいた方が良いと言えるでしょう。

基本的に海外の性風俗を利用しようと考えるのは男性が多いですが、男性は性感染症を移されてしまいやすい行為をしがちです。たとえば女性はコンドームさえしておけば防ぐことができるような病気であっても、男性は避妊具なしの行為を求めてしまい病気となってしまうケースもあります。一時の快楽に身を任せてしまった結果、後悔することになってもおかしくはないのです。特に外国では性病が多い国や風俗店も多いので、そういった遊びには注意してもしすぎるということはないでしょう。

たとえば東南アジアにある発展途上国は、性感染症の感染者数が多いと言えます。その理由は、東南アジアや発展途上国では不特定多数の人と性行為を行うケースが多いだけではなく、それらが避妊具なしで行われていることも多いので、性感染症が蔓延しやすいのです。性病になった人がいたとしても、医療技術が発展していないことや貧困さが原因となり、病院で検査を行ったり治療を行ったりしてもらうことができない可能性が高いと言えます。こういった場所の性風俗は安いことが多いですが、その分リスクが高いので注意が必要です。

ドイツにはFKKと呼ばれる高級風俗があります。ドイツのFKKはとても有名なので、旅行に行く男性のなかには、FKKに行くことを楽しみにしている人も多いです。ここでは基本的にコンドームを用いたオーラルセックスが行われていますが、支払った料金や女の子によっては避妊具なしで行ってくれる場合もあります。しかしながら、それに飛びついてしまうと思わぬ性病をもらってしまう可能性があるので注意が必要です。

外国には自己管理ができていないだけでなく、病院で検査を受ける習慣がない国や、不特定多数の人と性交渉を行うことで性病が多い地域もあります。こういった場所で性行為を行ってしまうと、後悔することになりかねません。海外の性風俗を利用する際は、自己管理を徹底して、病気が移らないように気をつけておきましょう。