• ホーム
  • 淋病も細菌が原因で感染する性病!

淋病も細菌が原因で感染する性病!

細菌が原因となって起こる性感染症には、淋病という病気もあります。淋菌という名前の病原菌が、性器やのど、直腸などに感染することによって病気が発症します。淋病と呼ばれていますが、正式名称は淋菌感染症であり、菌によって感染するということが名前からもわかります。

淋菌が移ってしまう感染経路はいくつかありますが、最も多いのはオーラルセックスによる感染だということができるでしょう。もちろんコンドームなしでの膣内挿入や肛門性交も感染の原因となりますが、最近はそれ以上にオーラルセックスが感染経路となることが多いのです。性風俗を利用する人が増えていることや、性風俗に従事する人が増えていること、若者の間で早い時期からオーラルセックスが始められていることもあり、オーラルセックスによって淋病が感染してしまうことが多いと言えます。日本では性風俗利用による男性の感染が多い傾向にあると言えるでしょう。

オーラルセックスにより、咽頭に細菌が付着すると病気となってしまいます。その場合は咽頭の痛みや腫れなど、風邪にもよく似た症状が起こりますし、稀に咽頭炎のような症状もあらわれることがあるのです。日本では、オーラルセックスが原因の咽頭への感染が少なくありません。咽頭への感染は風邪などと勘違いされることが多いですが、淋病の可能性もあるので注意してください。

男性が感染したときには排尿時に激しい痛みを感じたり、尿道から白っぽい膿がでたりするので、移ってしまったことに気づきやすいと言えるでしょう。クラミジアの症状と似ていますが、実際には淋菌による病気のほうが、症状がひどいと言えるので、激しい痛みや不快感が生じると言えます。女性の場合はおりものの増加や不正出血などの症状が多いですが、男性と比較すると気づきにくい傾向にあるので、気づかず放置してしまい重症化する可能性が高いでしょう。特に男性は尿道炎になってしまうことも多いです。

直腸に感染した場合は直腸炎になってしまったり、目に感染した場合は腫れなどが生じるだけでなく、結膜炎となってしまったりする可能性があります。直腸炎や結膜炎、尿道炎など、重い症状になってしまうと治療にも時間がかかってしまうでしょう。また淋菌という細菌のなかには、薬が効かないものもあるので、治療が困難になるケースもあります。性行為をするときには、避妊具の着用を徹底する、感染者との性行為は避けるなどの対策をとると、淋病が移ってしまう可能性を低くすることができるでしょう。