• ホーム
  • 長引くクラミジアの治療にはジェネリック医薬品を!

長引くクラミジアの治療にはジェネリック医薬品を!

クラミジアの治療が思いのほか長引いてしまった場合、いつまでも治療薬を服用しなければならないのであれば、費用がかかってしまいます。長期間、薬を飲み続けることを考えると副作用なども考慮したうえでコスパを重視することも必要だと言えるでしょう。もしも安い薬に切り替えたいと考えるのであれば、ジェネリック医薬品の利用を検討してみることがおすすめです。

ジェネリック医薬品は後発医薬品であり、厚生労働省の認可を得て製造販売されている、新薬と同じ有効成分を含んでいる薬のことを指しています。ジェネリック医薬品という言葉から本当に効くのか怪しい、副作用が心配だという人は少なくありませんが、実際には厚生労働省の認可を得ていますし、効果の同等性が認められているので安心して利用することができるのです。

クラミジアの治療には、クラビットという名前のニューキノロン系抗生物質が用いられることが多いと言えます。昔からクラミジアを治療するために用いられているので安心感がありますが、やはりコスパを考えると長期間服用を続けることは大変だと言えるでしょう。クラビットのジェネリック薬品として、レボクインが誕生しているので、コスパを重視するのであればレボクインに切り替えることをおすすめします。

レボクインの服用方法は1日1回、500mgを服用するというものです。500mgは500mg錠を1錠もしくは250mgを2錠飲むことで調整します。抗菌効果を安定させるために、毎日できるだけ同じ時間に服用し、それを約7日間続けるのです。クラビットと同じ飲み方なので、クラビットからレボクインに切り替えた場合でも、用法や容量を間違えにくいと言えます。服用方法が同じですし、クラビットと同じような成分が配合されているので、安い薬代にしたいと考える人にはレボクインがおすすめです。

もしもなかなかクラミジアが治らず、長期間の治療による薬代が負担になっていると感じるのであれば、医師にジェネリック医薬品への切り替えを提案してみましょう。なかには初めからジェネリックをおすすめしてくれる病院もあるので、そういった場合はレボクインを選択しても良いかもしれません。ジェネリック医薬品は新薬と同等の効果があるので、ジェネリックだからという理由で病気が治らないということはあり得ないです。まだジェネリック医薬品に対して抵抗を持っている人は少なくありませんが、厚生労働省でも認められている薬なので、状況に応じて使うことを検討してみると良いでしょう。